*

命令好きなフリーターなんです、俺

   

命令好きなフリーターなんです、俺

俺、20才の拓也っていいます。
フリーターです。って言っても、最近、あんま働いてませんが。

だって俺、出会い系にはまってしまったんスよね~。
面白いですよ、あれ。
やってみたことあります?

俺、割とドSなんスよ。
女に対して、アレやれコレやれって命令するのが大好きで。
たとえば――

「ノーパンでミニスカート。この格好で●●駅に来い」

出会い系で知り合った女に、こんなメールを送るんです。
俺はあらかじめ駅で待っていて、女が来るのを待ちます。

「人が大勢きたら、階段を上がれ」

「でも、そんなことしたら・・・見られてしまいます」

「いいからやるんだ。見たいやつには見させればいい。それとも何か?もう濡れてるのか?」

「少し濡れているかもしれません・・・」

女が恥じらいながら、階段を上がって行きます。
手でお尻の辺りを隠して。

「手をどけろ!」

すぐにメールをします。

女は、泣きそうな顔で、お尻から手をどけると階段を上がって行きました。
階段を上がって行った人の何人かは、女のアソコを見たことでしょう。
そして、その内の何人かは、女のアソコがびしょ濡れなことに気付いたかもしれません。

女を電車に乗らせると、そこでも俺は命令します。

「股を広げろ」

と。

「前に座っているのは、男子高校生たちです。そんなことできません・・・」

そんなメールが寄こされてきましたが、俺はすぐに

「いいからやるんだ!」

ピシャリと返事します。

女は目を閉じると、ゆっくりと股を広げて行きました。
お蜜で濡れたアソコが、車内に晒されます。
男子高校生たちは、唾を飲んで見入っていました。下半身をビンビンに膨らませながら。

俺はこんなふうに、その女をいじめます。
たいてい、人が多く集まる駅やデパートなんかでやりますね。
興奮しますよ。
俺って、女の恥じらった顔や、困った顔が大好きなんですよね。

「スカートめくりあげて、アソコを晒せ!」

クライマックスは、だいたいこんなメールを送って、女を困らせます。
女は渋りながらも、最後には、スカートをめくり上げるんですよ。

そして、その後、女をホテルに連れ込んで、セックスします。
もうすでに充分濡れているアソコに、俺はすぐに挿入します。濡れまくっているので、簡単に入ります。

さんざんヤリまくった後、俺はタバコを吸いながら考えるんです。
次はどうやって、女を困らせようかなって。

こんなことができるのも、出会い系があればこそですけどね!

 - 20代, 出会い系上級者